腸内環境を整えるために私が始めた3つのこと

gf2160379752

「腸が乱れていると、体全体の不調を招く」
こんな言葉に、アトピーの体質改善について調べているときも
冷え取り生活を始めて日々研究しているときも出会いました。

「腸内環境を整える」

大事なのはわかるけど、あんまり真剣に取り組んでいませんでした。
で、ふと、思いついて最近いろいろをと手を出してみたんですよ。
そしたら、肌の調子は良くなるわ、お通じはストレスなく出ていくわ、なんかいいかも!と思っています。
色々同時にやっているのでどれがどう、というのがわからないのが私の研究の残念なところですが、
「これ絶対いい!絶対取り入れて!」
みたいな押し付けはするのもされるのも好きではないので、使えそうな情報があったら使ってくださいというスタンスです。

では試してみた3つのこと紹介していきますね。

広告

乳酸菌のサプリメント(OM-X)を採る

IMG_1399.JPG

以前、家族のために定期購入していたOM-X。家族があんまり飲まなくなってしまったので、3箱くらいストックがありました。それを私が最近ちょこちょこ飲み始めています。

生酵素「OM-X 」とは、最大92種類の植物を12種類の乳酸菌で最大5年間発酵熟成させた植物発酵食品。
開発者は、大平猪一郎博士。

発酵から熟成まで、一切加熱をしない自然発酵方法。
アメリカでの販売開始から10年、2008年から5年連続でBetter Nutrition誌で「ベストサプリメント賞(乳酸菌部門)」に選出されたサプリです。

成分:糖類(5種類)、プルーン、植物性タンパク(大豆)、ヨモギ、シイタケ、ニンジン、コマツナ、イチジク、ダイコン、食塩、ユズ、マタタビ、キャベツ、ヤマモモ、ヒジキ、ワカメ、セロリ、キュウリ、クコ、マイタケ、ブルーベリー、コンブ、タマネギ、ゴボウ、ホウレンソウ、スギナ、ナシ、クチナシ、アオノリ、トマト、ピーマン、モヤシ、アガリクス、ナス、レイシ、レンコン、カボチャ、ショウガ、レタス、ニンニク、ミツバ、ウド、アスパラ、クマザサ、フキノトウ、タンポポ、オオバコ、イチゴ、パイン、ハクサイ、ブドウ、カブ、サラダナ、エノキタケ、イタドリ、ニラ、マツバ、 アサツキ、シソ、セリ、ヨメナ、サフラワー油、カイガラ末、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、カラメル、 レシチン(被包材)ゼラチン、グリセリン(原材料に大豆、ゼラチンを含む)

IMG_8797.JPG

つるんとしたサプリで私にはとても飲みやすいです。大きめなんですが、ほんとに水と一緒に飲むとつるん!とのどに入っていきます。変なにおいや味もなくて、ストレスフリー。

レビューはこちら arrow063_06.png お試し後すぐに現品を買った生酵素サプリ

日本でも買えるし個人輸入サイトのアイハーブでも購入ができます。

IMG_8792.JPG

7日分で980円のお試しセットがあるので、そちらからスタートするのがおすすめ。まずはこのサプリをストレスなく飲むことができるか?というところをお試しセットで確認してみてください。さすがに7日では体質改善できないと思いますので・・・。

お試しセット arrow063_06.png 生酵素サプリメント『OM-X』

ココナッツオイルを採る

IMG_5006.JPG

この間アイハーブで購入したココナッツオイル。

味も香りもほとんどなくて、とても使いやすいです。

実はココナッツの甘い香りが苦手です。実際のココナッツというのは日本で出会う加工品のココナッツとは香りが違うらしいと、ココナッツを使ったコスメの勉強会で知ったんですけどね。

これはほんとに香りがほとんどないので、ココナッツオイルが気になるけど、あの香りが苦手でチャレンジしてなかったという私のような人にはおすすめです。

そして、こちら、品質的にはどうなんでしょうね?世の中をにぎわせたココナッツオイルはそれ相応の高品質じゃないと美容健康に影響しないのかもしれませんが・・・。

 

一応このココナッツの商品説明を抜粋しますと、

  • オーガニック認証
  • エキスペラー圧搾
  • 調理向け
  • 中鎖脂肪酸源
  • トランス脂肪(TFAs)含まず
  • 水素化でない
  • 当たり障りのない味
  • 当たり障りのない風味
  • ビーガン
  • ベジタリアン/ビーガン向け
  • QAIよりオーガニック認証

Jarrow Formulas オーガニックココナッツオイル(ココス・ヌシフェラ)は、乾燥させた取れたて(コプラ)のココナッツ果実からココナッツエクスペラー圧搾されており、製造過程でどんな溶剤も使用されていない。ココナッツオイルは、ラウリン酸(C-12)とカプリル酸(C-8)のような中鎖脂肪酸(MCTs)源。

となっております。

調理向けなんですが、コーヒーに入れて飲んだりしています。

コーヒーに油って・・・と抵抗感があったのですが、飲んでみると別に特に気にもならない。見た目だけですね。味も香りもないので。

炒め物にも使いますが、コーヒーに入れて飲むのがお手軽でいいです。

私が購入したココナッツオイルはこれ arrow063_06.png Jarrow Formulas, オーガニック, ココナッツオイル, 16 オンス (454 g)

食物繊維(チアシード)を採る

IMG_5205.JPG

生協にチアシードが売っていたので買ってみました。白と黒がありましたが私は白を買いました。

チアシードは、南米で栽培されるシソ科の植物「チア」の種。水に浸すと10倍以上に膨らむ不思議な種だそう。

体内で作ることが不可能な必須脂肪酸であるオメガ3(αリノレン酸)、オメガ6(リノール酸)、さらに、ミネラル、鉄、豊富な食物繊維が含まれているスーパーフード。

大さじ1杯のチアシードでレタス約1玉分の食物繊維(約2.3g)が摂取できるそうですよ。

IMG_5156.JPG

 

摂取方法で一番簡単そうだった、シリアル&ヨーグルトに混ぜて食べました。味とか香りとか食感とか、特に気になりません。ゴマ感覚で使えるかも。

水に浸してチアシードジェルを作ってから混ぜてもいいし、そのままぱらぱらと振りかけてもOKと、私が購入したチアシードのパッケージには書いてありました。

チアシードがジェル状になる成分は、こんにゃくにも含まれるグルコマンナンという食物繊維なんですって。

USDA(米国農務省オーガニック認定)取得のヌートリアチアシードのようにオーガニック認証を得ているものもあるようです。Amazonにもたくさんありますね。

 arrow063_06.png ホワイトチアシード(Amazon)

そんなに高いものでもないのでお試しするにもハードルが低いのがいいです。

上記3つの方法を一週間ほど試していたら・・・

上で紹介した3つの方法は、毎日しっかりがっつり取り組んでいるわけではありません。

特にサプリは、「なんだか疲れやすいなあ」とか「ちょっと野菜不足になってきたなあ」という時に飲んでいますから、毎日ではないんですね。

コーヒーは毎日何杯も飲むので、ココナッツオイルの頻度は結構高いかな。

チアシードは主に朝食の時に摂取。それでも毎日ではありません。

そんなこんなで1週間くらいたったんですが、非常に快適です。

特に肌のやわらかさとお通じのよさ!

私は便秘ではないですが、あんまりいい状態とも言えない感じでした。が、最近はすっきりとするようになりました。この変化は、自分にしかわからないものだと思いますが「おおお!」という感じ。体の中の不要なものがスムーズに排出された感があります。

最近の食生活で変えたのは上記の3つくらいなので、このお通じの変化はやっぱり何かしら合っていたのではないかなーと感じています。

肌の柔らかさに関してはスキンケアもしているので、よくわかりませんが・・・。
ココナッツオイルやチアシードなど、ミーハーだと思いつつも試してみてよかったです。

今いい状態なのでもうしばらく続けてみますが、腸内環境が整って体全体がいい方向に向かうといいなあと思っています。

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑