肌のために本当にいいことってなんですかね?

IMG_5386.JPG

先日お友達のおうちに咲いていたラベンダーをちょっとだけいただいて、ドライフラワーにしました。

しばらく玄関に飾っておいて香りを堪能。

そのうちぽろぽろとお花が取れてきちゃったので、さよならしましたが、数日間楽しませてもらいました。

ラベンダースティックにでもすればよかったのかもしれないけど、あれ、見た目があんまり好みじゃなかったんだよねー。

さて、本日のテーマは、「肌のために本当にいいことってなんですかね?」ってこと。

アトピーさんなら一度は思ったことがあるかもしれない、「何もしないほうが一番いい」なんてこと。

コスメブログとしてこの考え方は死亡フラグもいいとこですが、まあ一理ありますよね。

広告

スキンケアがいらない肌が理想

IMG_0859.JPG

(実際の私の腕です)

私の中では腕の内側の肌のように、「スキンケアなんかしなくてもキレイで水分が保たれている肌」が理想。

ではなぜ顔はそうなっていないのかというと、洗顔、メイク、外的要因によって刺激を受けているから。

また、ストレス、栄養の偏りなどによる内的要因が湿疹やニキビの原因になるから。だと思っている。

28日でターンオーバーするといっても、そのターンオーバーがうまくいってなくて、長期間の間にできてしまったニキビの後、毛穴の開きが全然改善しなかったりして嫌になります。

それでもコスメブログを始めて自分の肌と向き合うことで多少ましになったかも。

実は、何も付けないで、栄養のバランスがいい食事をして、ストレスのない生活を送れば、肌はきれいになるのかもしれない。

でも、そういう生活ってちょっと難しいですよね。栄養のバランスがいい食事って、魚が苦手な私にはハードル高い。

フリーランスでおうちにずっといる私でさえ、家事育児はやらないといけないことだし、地域の人とか仕事関係のこととかで他者との関わりも多少はあるから、完全に自分の好きなようにとはいかない。

それでも、100%がっつりがんばって生きていた頃に比べれば、ゆるゆると半分くらいのがんばりでストレス減らして生きていけてるかなあ。家族のおかげだ。

今、肌の悩みは、生理前のニキビができることと、妊娠した時に一気にできたシミがあることと、日焼け止めを塗ってもうっすらと日焼けしていく焼けやすさくらい。

アトピーのスキンケアはマイナスしていくことが基本だと思う

日々コスメのレビューをしている私ですが、それは今肌の状態が落ち着いていて色々使えるからっていうのが現状です。

アトピーの人は基本的には保湿をするくらいであんまりいろいろと肌にしないほうがいいんじゃないかなーと思っています。

IMG_5509.JPG

先日、真珠の養殖のお話を伺う機会があったんですが(関連記事はこちら)、

キレイな真珠を作るのに必要なのは、「ストレスをかけないこと」という条件がありました。

貝がストレスを感じると、キレイな真円にならない、輝きが美しくならないということがあるそうです。

貝も私たちも同じ生き物ですもんね。内側から輝くような美しさは内側が大切なんだなあと思いました。

自然療法のケアやコスメが好き

色々試したり考えたりしていると、私はやはり長期的に根本的に体全体をいい方向に持っていくという考え方に基づいた自然療法のケアやコスメが好きだなあと思います。(外側からの働きかけで短期集中でケアできるケミカルなコスメも時にはありですけどね。)

10年以上前は自然療法のナチュラルコスメやオーガニックコスメの選択肢も少なかったし、使っている人の話もあまり聞けなかったし、試すこと自体がハードルが高かったのですが、今って、たくさんのブログがあるし、通販でも手軽に購入できるようになって便利になりましたよねー。

IMG_5171.JPG
ぷろろのみつろうクリームは私の必須アイテムです)

オーガニックコスメってこんなに色々あるんだーって世界が広がるし、楽しいですねえ。
見た目もおしゃれで、使っているだけでうきうきできる。

最近は多すぎておなかいっぱいになってる感じもあるんですが・・・。
新しいものも次々出てくるのでピン!と来たもの、皆さんにおすすめできるものを私のブログでも取り入れていきたいと思います。

たくさんのブログや記事や情報があるので、迷ってしまうことも多いですが、自分の心と体が「あーこれはいいなー」と思うものを直感を信じて選んで行きたいですね!それが結局のところ、肌にもいいことにつながるんじゃないかと思います。

関連記事

今まで使ってよかったものをまとめて紹介しています。

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑