たっぷり使おう!京のすっぴんさん ナチュラルミスト 浸-shin-

IMG_5672.JPG

何度か紹介したことがある京のすっぴんさんの化粧水「ナチュラルミスト 浸-shin-」。

arrow063_06.png 京のすっぴんさん ナチュラルミスト 浸-shin-

ナチュラルコスメ・パーソナルプロデューサーの小松 和子氏がプロデュースした化粧水です。

広告

京のすっぴんさん ナチュラルミスト 浸-shin-

IMG_5668.JPG

実はこれ、パッケージと商品名がリニューアルしたものです。
以前は、アクアビューティミストという名前でした。
成分内容や金額は変わっていないとのこと。

IMG_5671.JPG

このローションの特徴の一つが海洋深層水なんですが、この「浸-shin-」という名前には、
海洋深層水が肌全体にジワジワ優しくしみ込んでいくという意味が込められているそうです。

全成分表示:
海水・プロパンジオール・グリセリン・ベタイン・加水分解ヒアルロン酸 ・エタノール・ローズマリー葉エキス・ ヤグルマギク花エキス・カミツレ花エキス・トウキンセンカ花エキス

IMG_5676.JPG

半年ほど前にエタノールが多めに入ったローションで肌荒れしてしまった私。
こちらの化粧水にもエタノールは入っていますが、乾燥することも荒れることもありませんでした。よかった。
(由来成分の違い、季節の違いなどもあるかと思います。)

この化粧水のこだわりは

・保湿のバランスが良い
・気持ちよくたっぷり使える
・とろみ、べたつきをぎりぎりまでなくす
・たくさん使って欲しいから、できるかぎり価格を抑える努力

とろみをぎりぎりまでなくしたのは、とろみのある化粧水の場合、肌が本当に潤う前になんとなく保湿できた気がしてしまうから、肌本来の保湿状態がわかりにくくなってしまいがち。そういったことにならないように、だそうです。まあ、確かにとろみのある化粧水を使う場合には、そういう面はありますよね。

 

IMG_5673.JPG

また先ほども言いましたが、水は1滴も使わず、すべて高知県室戸沖の海洋深層水を使用しています。

化粧水の大半を占める成分の「水」自体に沢山の栄養分を含むものを使用することを大切と考えたため、採用されているそうです。

水のような感触なのにしっとりと潤う理由がこの海洋深層水にあるのだとか。

一般的には、海洋深層水とは、水深200m以上の深海にある海水のこと。
ですが、「ナチュラルミスト浸-Shin-」に使われている海洋深層水は、
高知県室戸沖の水深700m〜1,000mに湧昇する深層水を汲み上げたものだそうです。

海洋深層水には、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、セレン、等のミネラルが含まれています。

世の中に存在する化粧水の主成分である「精製水」と比べ、浸透性と保湿性の高さは比較にならないそう。

また、配合した植物成分には、キク科の植物を多く選択されています。

肌荒れを防ぎ、清涼感を与え、肌をなめらかにする、ヤグルマギク花エキス

肌を引き締め、明るく健やかに保つ、カミツレ花エキス、

肌に潤いを与えて敏感肌をやさしくケアする、トウキンセンカ花エキス

IMG_5678.JPG

洗顔後、顔全体に1回量5、6プッシュを目安に2、3度繰り返したっぷりと使うのがポイント。

お風呂上りに思う存分スプレーしています。

お手軽に使えるので、手元にあるとどんどん使います。みなさんも手の届くところに置くことをおすすめします。

レビュー用にいただいてから、写真を撮るまでにじゃんじゃん使っていたので、中身が減ってきて、あ、まずいわ、と思って写真を撮ったくらいです。

本当に、なんということはない自然なローションなんですが、また使おうと無意識に手が伸びるのは、程よくしっとり感があり使うことにストレスを感じないからだと思います。

現代の女性で、働く女性、子育てで忙しい女性など時間のない方に是非使ってもらいたいとコスメを開発している京のすっぴんさんのローションです。

▼購入はこちら

ナチュラルミスト 浸-shin-

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑