ReFa CLEAR(リファクリア)発売 熊野筆で優しく洗顔

リファクリア1

シリーズ累計が500万本を突破したという大人気の美顔器ReFa(リファ)。

当ブログでも紹介したことがあります(記事はこちら)が、今回、また新商品が登場したということで、商品体験会に参加してきました。

こちらのReFa CLEAR(リファクリア)は、敏感肌の人、毛穴が気になる人におすすめの電動洗顔ブラシです♪

都内の百貨店では9月頃から先行発売されていました。公式オンラインショップでの発売は11月9日で、10月26日から予約スタートだそうです。

arrow063_06.png ReFa CLEAR(リファクリア)

広告

独自開発の3D洗顔ブラシ「ReFa CLEAR(リファクリア)」

リファクリア2

ReFa CLEAR(リファクリア)はあの美顔器リファから新しく発売される電動洗顔ブラシ。

今までになかった3Dの動きで毛穴に詰まった汚れにもアプローチできる優れもの。

敏感肌の人も使えるように肌あたりをとことん優しくする設計。ブラシ部分はなんと熊野筆を採用しています。

ReFa(リファ)と言えば、大ヒットの美顔器で、フェイス用やボディ用やいろいろなタイプが売っているけれど、今度は洗顔用???とちょっとびっくり。スキンケア方面もこれから展開されていくんですかね?

リファクリア3

他社メーカー(プロアクティブの無料でついてくる洗顔ブラシ(中)、クラリソニック(右))と比べてみるとスリムでブラシ部分の大きさも半分くらい。

顔の凹凸にぴったりと沿うので、鼻の周りなど細かい部分へのアプローチが可能になります。

リファクリア4

横から見てみたところ。

高さがあり、みっしり詰まったブラシなのがおわかりいただけるかと・・・。

ReFa CLEAR(リファクリア)の特徴

肌に負担をかけず、毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすために、美容理論、皮膚理論、洗浄理論を組み合わせ開発されました。

一つ一つ説明しますね。

1)3Dソニックモーション・・・肌の形状・毛穴を計算しつくす。

P1200735

肌を3次元に分析して、縦0.5mm、横0.2mmのミクロな動きを実現。

これまで発売されているブラシの研究をしてみると、回転式のブラシでは、動きが平面的で肌への余計な摩擦もありました。

2D振動式のブラシは、立体的な部分にアプローチしにくいという弱点がありました。

それらの研究を踏まえて、3D(立体的)な動きを実現したことによって、毛穴の奥の汚れまでかき出すことが可能になりました。

説明会では、実験結果として、ReFa CLEAR(リファクリア)、回転式ブラシ、2D振動式ブラシ、手洗顔の比較を見せてもらいました。手洗顔の汚れの落ちていなさには結構びっくり。日々汚れを残して蓄積しているのかと愕然w

他のブラシも手洗顔よりは汚れを落としていましたが、あと一歩という感じがしました。

2)毛穴に蓄積した汚れを浮き上がらせる「イオンクレンジング」・・・ハンドル部分を握ることでイオンが発生

IMG_5788

ReFa CLEAR(リファクリア)には側面にシルバーのラインがあるのですが、ここを握ることが使うときに重要。

ここを握ることでイオンが発生し、電気の力で毛穴に密着したメイク汚れを浮き上がらせることができるんだとか。

いまいちここの部分はよくわからなかったのですが、メイク汚れはマイナスで、肌というのは乾燥するとプラスに傾くんだそう。マイナスとプラスでがっちり結びついてしまうため、汚れはますます落ちにくくなってしまう。

そこで、イオンクレンジングの登場。体に通電して、体をマイナスにすると、汚れもマイナス、体(肌)もマイナスで反発しあい、汚れが落ちやすくなる、という理論だそうです。

毛穴の奥の汚れって、地層のようになっているそうですよ。ああ、恐ろしい。

3)優しい肌あたりで毛穴の奥の汚れをかき出す「熊野筆」

IMG_5776

これはなかなか「お!」と思ったポイントです。

メイクブラシとしてもはや超有名な熊野筆が洗顔ブラシに採用されるとは!ちょっとこれだけでも使ってみたいと思うポイントですよね。

洗顔ブラシに使う熊野筆は、特殊加工をして肌に負担をかけない工夫がされています。また、洗顔に使うため、衛生面などを考慮して、動物の毛ではなく人口毛を使っています。動物の毛だと、衛生面のこともあるし、個体差が出てしまうからとのことでした。なるほど。

すごくぎっちり密集したリッチな毛量にも驚かされますが、触ったときのやわらかさ、ふわふわ感に驚きます。すごくなめらかなんですよ。一緒に説明を受けていたお友達は「ずっと触っていたい」と言ってました。^^

毛先は毛穴よりも細い0.1mmになっています。使いすぎて毛穴が逆に開いちゃうという心配はいりません。また、毛先には0.5mmの段差をつけ、肌の凹凸にしなやかにフィットさせながら振動を伝えるようになっています。

見た感じではわかりませんが、根本はクッションウエーブと言って、ウェーブ状に加工することで、クッションのように弾力のある柔らかな肌あたりを実現しているそうです。

熊野筆は毛の一本一本を根元を溶かして接着しているため、他のブラシより毛が抜けにくく、丈夫な作りになっているそうです。

その他の特徴としては、防水仕様なので、お風呂場で使うことも可能であること、持ちやすくコンパクトで軽量です。iPhone6を同じ重さ(130g)だそうです。それから、簡単充電。充電スタンドが付属しているので、使い終わったらスタンドに立てておけばOK。6時間で満充電となり、14分使えるそうです。

洗顔はなるべく短時間ですることが推奨されていて、自動電源オフは1分の設計になっています。使い始めは1分で顔全体を洗顔するのは難しそうですが、慣れればできるのかな?

洗顔モードは3種類 肌の状態に合わせた使用を選べます

洗顔モードは3種類あり、スイッチで切り替えられます。

ソフトモード(1分)、クリーンモード(1分)、ディープモード(30秒)となっています。

IMG_5789

ソフトモード・・・朝の洗顔や軽めのメイクの日に優しく洗うモード

IMG_5790

クリーンモード・・・一日外出した夜やメイクオフ後にしっかり洗うクリーンモード

IMG_5791

ディープモード・・・テカリや毛穴の汚れが気になるときに使うスペシャルモード

ソフトモードは朝、クリーンモード+ディープモードを夜、という感じで使うかなあ、私なら。

でも使い始めは、毛穴の汚れの蓄積も多いだろうから、朝もクリーンモードの方がいいかもしれない・・・。

ところで電動の洗顔ブラシって使われているの?

電動の洗顔ブラシは、あまり日本の女性にはなじみがありません。使っている人も数%程度らしいです。

主に手洗顔が主流。

ただ、やはり、手洗顔だと、肌に汚れが残っていることが多いのだとか。なんとなく表面はすっきりしたように見えても、実は毛穴の奥に汚れが溜まっているそうです。(まあそうだろうな)

ただ、洗顔ブラシというと、結構肌への刺激が強そうで、逆に摩擦などで荒れたりしちゃいそう・・・というイメージが大きかったのも事実。

熊野筆を使って肌あたりを研究したそうなので、どれだけ優しいのか?というのは興味ありますね。

 

どれだけ肌に優しいか?デモンストレーション

では実際にReFa CLEAR(リファクリア)がどれだけ肌にやさしいのか、デモンストレーションをしてもらいました。

以下のような実験をします。

使うものは、金魚すくいのときに使われる薄い紙。これを、手の甲に乗せます。少し水で湿らせて、洗顔するときのようにくるくる・・・。さてどうなるか?

比較するのは、

・手洗顔

・ReFa CLEAR(リファクリア)

です。

まずは、手洗顔をしたときの摩擦(肌への負担)がこちら。

リファクリア5

リファクリア6

優しくそ~っとなでただけですが・・・

リファクリア7

やぶけてしまいました。

リファクリア8

中央部分に大き目の穴が空いています。

 

次に、ReFa CLEAR(リファクリア)での実験。

リファクリア9

リファクリア10

こちらは割りとしっかり手に当ててぐるぐる10回転ほどさせました。モデルになってくれた方は「振動は結構しっかり伝わってきます」とのこと。

リファクリア11

でも破れていません!

リファクリア12

わかりづらいですが、左側がReFa CLEAR(リファクリア)の実験後の紙ですが、本当に破れずきれいに残っていました。

これはなかなかすごいなーと思いました。

実際に使ってみる デモンストレーションその2

リファクリア13

参加者の一人にモデルになっていただき、実際に洗顔をしてもらいました。

洗顔中は「すごく気持ちがいいです~」とおっしゃられていて、洗顔後は肌が明るくなったような感じに。くすみが抜けて肌がきれいになったかも~と思いました。

 

使う洗顔料は「泡立つ物」なら何でもいいそうですが、ゆるゆるの泡ではなく、もっちり濃密な泡がいいです。洗顔している間にどんどん泡がなくなってしまうとせっかくの機能の効果が半減してしまいます。泡が大事なパートナーとなる洗顔ブラシなのでここは大事。

リファクリア2

デモンストレーションで使った洗顔料は、こちらもReFaシリーズのリファメディカルクリームウォッシュ。(写真後ろにあるやつ)

P1200755

P1200756

さかさまにしても落ちない泡が作れる洗顔料です。

しかも医薬部外品。

肌を菌や炎症からまもる薬用成分が配合されています。

お値段は2,800円。朝晩1cm程度使って2か月分だそう。コスパはまあまあですかね。

 

ReFa CLEAR(リファクリア)のお手入れ方法は?

リファクリア14

ReFa CLEAR(リファクリア)を使った後は、泡を水で洗い流し、軽く絞ります。

リファクリア15

清潔なタオルで水気を取り、充電スタンドに置いておくだけでOK!

日々のお手入れはこれだけです。

自然乾燥させておきます。

 

 

リファクリア16

朝使って、夜になったときにはだいたい乾いている、とのことですが、衛生面が気になる方は替ブラシ(別売り 3,800円)を用意して、朝用、夜用と分けて使うといいかも。

また、週に一度、石鹸でよく洗うことが推奨されています。

ブラシの交換目安は約6ヶ月です。他社は3ヶ月というところが多いそうですが、ちょっと長めに使えるのはいいですね。

ReFa CLEAR(リファクリア)の感想

事前知識が一切ないまま商品説明会に参加し、聞いたことをそのまま記事にしました。

個人的には毛穴が取っても気になっているので正直「使ってみたい!」と思う洗顔ブラシでした。

ブラシ部分の柔らかさが思っていたよりもなめらかだったし、デモンストレーションでの摩擦の少なさを見ても肌が弱いと思っている人におすすめできるかなあと思いました。

使ったら気持ち良さそうというのがファーストインプレッション。

使い続けて毛穴に変化があればうれしいだろうなあと思いました。

「洗顔ブラシってなんか痛そう」という部分は払拭されました。また、色々な実験結果のスライドを見せてもらい、「本当に汚れが落ちるの?」という部分も納得できましたヨ。

敏感肌で洗顔ブラシに抵抗があるけど、毛穴が気になるんだよねーという方、試してはいかがでしょうか。

発売は11月9日です。予約開始は本日10月26日からだそうです。

購入はこちら arrow063_06.png ReFa CLEAR(リファクリア)

プラチナ電子ローラー ReFa(リファ)

ReFa キャンペーンも10/26~開催中!リファクリアも対象になっています。

▼キャンペーンの詳細はこちらから

プラチナ電子ローラー ReFa(リファ)

関連記事

ReFa CLEAR(リファクリア)使ってみましたレポ♪初日~5回目

ReFa CLEAR(リファクリア)使ってみましたレポ♪1週間目

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑