いいものを見つける目を養う、キャッチコピーに流されない正しいシャンプー選びとは

IMG_3100.JPG

やっと美容院に行けた。
4カ月ぶり。
私のように短いのに4カ月ってかなり放置の域。
あーすっきり。

さてさて、カラーリングもしたので、ちょこっと気になるヘアケアのお話。
今、シャンプーもコスメのように選択肢が増えましたけど
ちゃんと選ぶ方法知ってますか?

広告

IMG_4403.JPG

今、我が家で愛用中なのがこのuruotte(うるおって)

ノンシリコン・無添加・オーガニック、リンスのいらないアミノ酸シャンプーです。東急ハンズのノンシリコンシャンプー部門で1位を獲得した実力派シャンプー。

初めは「リンスがいらない」っていう時短部分に注目していたんだけど、 よーく知るとかなりいいシャンプーだってことがわかってきた。

IMG_4397.JPG
実は先日、uruotteの開発者 笹川直子社長に直接uruotteについて説明してもらったのです。

シャンプーの性質を決定づけるものは洗浄剤

シャンプーには大きく分けて3種類あります。

・高級アルコール系(石油系界面活性剤)・・・安価・泡立ちがよい・作りやすい・頭皮に負担がかかる
・アミノ酸系・・・弱酸性・適度な洗浄力・洗い上がりがよい・頭皮、環境に優しい・高価
・石鹸系・・・アルカリ性・洗浄力が弱め・環境に優しい・洗い上がりがきしむ

一般的なドラッグストアなどで購入できるのは安価な高級アルコール系。(安価と高級というのが混乱するけど、高級=高価ではないらしい)
安心度は

アミノ酸系 > 石鹸系 > 高級アルコール系

私が使っているuruotte(うるおって)はアミノ酸系です。だからちょっと値段が高い。

見分け方は、主成分。ボトルの裏側に主成分一覧があるはずですが、そこの水の次に書いてある成分を見ます。
全成分表示で、最初の方に「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」などが書かれていればアミノ酸シャンプー。逆に「ラウレス/ラウリル硫酸」「スルホン酸」などは石油系や石鹸シャンプー。大事なのは主成分。アミノ酸「配合」シャンプーも出回っているので注意。

今すぐ欲しい人はこちら arrow063_06.png 髪と頭皮と地球にやさしい、リンスのいらない無添加アミノ酸シャンプー

uruotte(うるおって)ができた理由

もともと開発者の笹川さんは、小さい頃からお母様の影響で自然なものを使う生活をしていたそうです。体に優しいものということでシャンプーもずっと石鹸だったそう。しかし、その使い心地に満足できなかったため、「自分が欲しいシャンプーを作ろう」とuruotteを作ったそうです。

uruotte(うるおって)のコンセプトは

家族みんなで安心して使える自然なシャンプー

髪と頭皮に優しい成分だけで、きしまず泡立ちよく洗えるよう、多くの原料を厳選し、数十回もの試作を経て、現在のレシピが完成。
99%植物生まれの天然アミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)が誕生しました。

ちなみに、頭皮ケア等のシャンプーもアミノ酸系が多いそうです。

私のシャンプー経緯

私は小さい頃は肌トラブルもなく、普通に普通のシャンプーを使っていました。しかし、10代後半~20代前半にかけて、突如アトピー性皮膚炎を発症し、それまで使っていたコスメやシャンプー、洗剤が使えなくなりました。皮膚科に通って薬を飲んでも塗っても一向に直らない日々。

「これは生活を変えないとダメだ」と思い、原因になりそうなものを排除していきました。

真っ先に排除したのが「シャンプー」と「台所洗剤」。この二つは素手で使うものだし、使ったとたん症状が悪化することがわかりました。

その後紆余曲折を経て、台所洗剤は手袋を使うこと、食器洗浄機を取り入れることでなんとかなりました。
シャンプーは石けんシャンプーと酢またはクエン酸リンスを手作り。

石けんで洗った後のきしみはひどいです。肌にいいとは分かっていても、香りもない、洗い上がりも悪い。正直つまらないバスタイム。それでも肌のために続けました。

肌がようやく改善の兆しを見せ、そろそろ市販の物を使っても平気かな?でもまだこわいなということで次に手を出したのがオーガニックコスメブランドのシャンプー。これもなかなかよくて結構使い続けました。それからは、成分に気をつければ市販の物でも使えそうだということで、「オーガニック」「植物系」のシャンプーを使う日々。

uruotte(うるおって)とはそういう経緯で知り合いました。

今思えば、「市販の物」にも種類があって、その違いは石油系か、植物系だったのだなと。

私の場合、石油系の洗浄剤がNGですぐに症状が出るので、とにかくそれを排除していけば肌は落ち着いていて、日常生活に支障がありません。

今すぐ欲しい人はこちら arrow063_06.png 髪と頭皮と地球にやさしい、リンスのいらない無添加アミノ酸シャンプー

じゃあ、ノンシリコンってなんだ

最近話題のノンシリコンはなんなのか?という話も聞きました。以前、美容師さんにも聞いたんだけど、その時の話とほぼ同じで、

シリコンはいいものでも悪いものでもない、ただのコーティング剤

ただ、あまり頭皮の近くでは使わない方が肌への負担が減るでしょう。とのこと。ノンシリコンシャンプー、今たくさんあるけど、結局多くのコンディショナーにはシリコンが配合されているんだって。ジメチコンとか~メチコンっていう成分がシリコン。シリコンは毛先をコーティングしてくれるのでボリュームを押さえたりしたい人は使ってもいいかも。

ノンシリコンだからいい!というわけではなく、ノンシリコンだから、シャンプーの時に色々気にしないで使えるよ!っていうことですね。

uruotte(うるおって)使い心地

IMG_0738.JPG

uruotte(うるおって)は2005年の発売からのべ20万本売れているそう。少しずつ改良し今のレシピになっています。

IMG_8745.JPG
高級なオーストラリア産のオーガニックホホバオイルが配合されていて、しっとり&皮脂バランスを整えてくれます。ホホバオイルは、人の皮脂に近いので、肌なじみがいいんですよ。そして適度に油分を与えると、過剰な皮脂分泌が抑えられるので、バランスが整うということらしいです。2010年には精油が配合された香り付きも登場。これがまたいい香りでねえ。精油もいいものを使っているからアロマの方はちょっと高いです。

私も家族で愛用していますが、リンスなしでも問題ないほどの洗い上がりなのは事実。できるだけ長く半身浴したいので洗髪の時間が短縮できるのは嬉しい。

IMG_8706.JPG
大容量のエコボトルも最近登場。防腐剤を使ってないuruotteを安心安全なまま使い続けられるような設計のボトルです。

今すぐ欲しい人はこちら arrow063_06.png 髪と頭皮と地球にやさしい、リンスのいらない無添加アミノ酸シャンプー

こういう人に人気なuruotte(うるおって)

実際販売している方に直接聞いたので間違いないのですが、以下のような人に支持されているそうです。
 arrow063_06.png 頭皮にいいシャンプーを探している人
 arrow063_06.png ハリやコシ、ボリュームなどに悩みのある40代~の人
 arrow063_06.png 赤ちゃんや肌の弱い人でも使えるシャンプーを探してる人

私は3番目プラス「時短」だな。

有名サロン表参道のHAIR DIMENSION(ヘアディメンション)でも採用されてるんですよー。すごいです!

お試しは315円~

IMG_0744.JPG

あれこれ書きましたが、今のところ私はuruotteを気に入って使ってます。
uruotte(うるおって)はやっぱりアミノ酸系シャンプーということでちょっと高価。「気になるな~使ってみたいな~」という人は、初めはお試しサイズがいいかもしれない。
無香料315円、ノーブルフラワー&ツリー420円、2本セットは630円。容量はそれぞれ30mlです。

購入はこちら arrow063_06.png uruotte(うるおって)

これからの乾燥する季節や、カラーリングなどでダメージを受けている髪には、ノンシリコンなのにしっとりサラサラになるという「uruotte リペアミルク」もあるそうです。これ、私もサンプルもらったので、カラーリングした髪に使ってみようと思います!

関連記事

 arrow063_06.png 無添加アミノ酸シャンプー「uruotte」のノーブルフラワー&ツリーがいい香りだ
 arrow063_06.png 主婦の時短術:子供とのお風呂時間を短く!でも髪サラサラになるシャンプー|ちびっこ育児の体験日記

※長くなってしまいました。最後まで読んでくれてありがとう!

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑