大人アトピー体験記 発症

大人アトピー

このサイトでは、アトピーの私でも使えるコスメを色々書いていますが、そういえば、私のアトピー体験ってあんまり書いてないなあ・・・と思いました。
アトピーと付き合って、もう18〜19年くらいになります。色々紆余曲折を経てなんとかうまく付き合えているので、そういうお話も書いていこうかな、と思います。

私の大人アトピーの原因は、おそらく高校生の頃の受験のストレスと、その頃飼いはじめた猫の毛だと思います。(大人アトピーという言葉が一般的なのかわかりませんが大人になってから発症したのでわかりやすくそう呼ぶことにします。)
猫アレルギーにはならなかったんですが、ストレスを抱えた体が猫の毛に反応してしまったのではないかと思います。

先日、お話を伺った早坂香須子さんも、元々持っていたアトピーが食生活の乱れや不摂生によって悪化したとおっしゃっていました。

私はアトピー素因を持っていたのにそれまでは発症せずすんでいたところ、ストレスで爆発してしまったのかなあ・・・と思います。

広告

18~25歳くらいまで 皮膚科通いの日々

何年間もひどくなっては皮膚科に通い、薬も飲んで、処方された薬も塗って、生活全部の見直しをアドバイスされるということを繰り返しました。

・水仕事はしない
・衣類は綿素材

などですね。水仕事をしない、と言われても一人暮らしだったり主婦だったりで家事もしないといけないし、お風呂とかもどうすればいいの・・・と思いましたw

私は、一番ひどかったのが、20歳の春頃だったと思いますが、全身に発疹が出てしまって、真っ赤に腫れ上がりました。動くのがやっとで、腕を伸ばすとひじの内側がぱっくり割れる・・・。という状態になりました。すぐにアレルギー科にかかり、薬を処方してもらって落ち着かせました。

IMG_5347.JPG
(皮膚科でよくもらう保湿剤)

その後も、ひどくなると薬を飲む生活を続けていました。とにかく症状が出るとかゆくて仕方がないので、かゆみ止めを飲んでいました。

東京から栃木に引っ越した際にも皮膚科をまず探しました。ペーパードライバーだったので、バスで40分かかる駅前の皮膚科を受診しました。その頃は完全に皮膚科依存でしたね。

自分のアトピー体質が悲しくなる

長男を妊娠した頃は主婦業で主婦湿疹を発症していました。産んだ直後に親指にこぶのようなものが出来てしまいました。それは主婦湿疹が変形したもので、ほっといても治らなかったので、整形外科でチョキンと切除してもらいました。その時の私の指はもうぼろぼろで指紋がなくなってしまうくらい荒れていました。全部の指先にばんそうこうを貼っていて、「それどうしたの?」といろんな人に言われました。

赤ちゃん育児の頃は、ただでさえ水に触れる機会が多いです。哺乳瓶の消毒だけでも一日何度もしますし、お風呂に入れたり、洗濯も増えます。皮膚科の薬では追いつかないくらいに・・・。

その時に、「私のこの手や指はもう治らないの?」と悲しくなりました。

荒れている時は非常に肌が敏感になっているので、洗浄剤(シャンプー、石鹸、洗剤等)は使えるものが本当に限られていました。

アトピー発症後 他にもアレルギー症状が出始める

IMG_7189.JPG
(軽度ですが花粉症にも・・・)

アトピーを発症してからの私は、主婦湿疹になったり、花粉症も発症したり、ブヨにさされるとものすごく膨れ上がってしまったりと、やはりアレルギー体質の人らしい症状になりました。色々不便だなあ、と思いますが発症したら耳鼻科に行ったり、皮膚科に行ったりして、薬をもらっています。

そんな私ですが、実はアトピー発症の初期の頃とは少し考え方が変わりました。

長くなったので続きはまた別のエントリーで。

書きました arrow063_06.png 大人アトピー体験記その2 アトピー症状は体からのSOS

+++

※最後まで読んでくれてありがとうございます。当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。化粧品・健康食品の体感には個人差がありますので、必ずパッチテストをしてから使ってくださいね 何かあったらすぐお医者さんへ!

このサイトを購読する

follow us in feedly



スポンサーリンク

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • カスタム検索
PAGE TOP ↑